CafeOnTheRoute

カンザス州バクスタースプリングス。実はルート66が通る街の中でも自分の中では結構上位にランクされる街です。リバートンのレインボー橋や、バクスタースプリングスのちょっと北には「フィールド・オブ・ドリームス」球場があったり、何となく寂しい感じの残るこの街が意外と?好きなのです。
で、そのバクスタースプリングスで事件発生!
多分この街でもトップクラスに有名な「Cafe on the Route」が何と売りに出されているのです。
その立地の住所を使ったホームページでは、販売内容が詳細に綴られています。
9000スクエアフィート(約840平方㍍)でUS$450,000ドル(約4800万円弱)、レストラン設備も全部含まれてのお値段です。
建物は元々1879年に建てられ、この街で最も古いレンガ構造のビルで、昨年レストラン部分と外観が大規模な改装工事が行われていました。
ここは長年の間、Cafe on the Route のあるビルとして知られ、シェフを務めた Richard Sanell 氏の料理はTV番組、フードネットワークの「Diner、Drive-Ins & Dives」でも注目を集めました。

ところが Cafe on the Route は、2012年の大晦日の晩、何の前触れもなく突如と閉店します。
噂では、他の店舗も同時に閉まったこともあり、急な拡張に失敗したのだろうと言われていました。記録によればレストランは2014年6月に抵当流れになっているようです。
その後同年の後半に、オクラホマ州マイアマ―の Tim Potter 氏が買い取り、店を再開しましたが、程なくして再び閉店したようです。

今回の販売、動画配信でも紹介されています。どなたか歴史の復興に興味のある方はいませんか?

 

****************************************

この投稿は当アソシエーション公式提携先、Ron Warnick 氏運営の 「Route 66 News 」に掲載された “Former Cafe on the Route is up for sale” より転載、加筆修正したものです。