marathon
かつてオクラホマ州~カンザス州~ミズーリ州と、3州にわたって一部地域26.2マイル(約42.165キロ)を走るマラソンイベントがルート66にはありました。残念ながらそのイベントは2013年を最後に参加者の減少と主催者側の不手際に対する抗議等で開催されていません。が、ミズーリ州ジョプリンが、この「The Mother Road Marathon」を復活させようとしています。

同市にある Tom Rogers 氏率いる「TwelveOne Race Management & Marketing 社は、年間35におよぶランレースに関わっていますが、ジョプリン市議会に向けて、その名称、データ、SSN等のコピーライトを含む一切の使用許可を求めているとのことです。
ジョプリン・コンベンションビューローの Patrick Tuttle 氏は前任者の評判が悪かったため、数年前にイベントの取りやめを強行しましたが、人柄の良い「Rogers 氏であれば」と考えています。

そんな Rogers 氏、もしこのイベントを引き継ぐことが出来たら、このマラソンイベントをルート66に関わる3、4日間のものにして、ランナーや観光客を引き寄せようと考えています。
元々ジョプリンには8月に行われる「Zerkapalooza」という音楽イベントがあるのですが、Rogers 氏はそのオーガナイザーを説得して10月に持ってこれないか、そのマラソンに充てられないか、狙っているとも言われています。市評議会は来週、その是非を検討します。

ただし、一つ問題があるとすれば、オクラホマ州タルサで開催される「ルート66マラソン」の日程(11月)に近いことでしょうか。このイベントはとても人気があり、州外はもちろん国外からも多くのランナーが参加します。マラソンのレース間隔は通常最低でも1か月、と言われるぐらいです。両立できるランナーがいないということは、ちょっと難題かもしれません。

 

******************

こちらの投稿は当アソシエーション公式提携先である、
Ron Warnick 氏運営 「Route 66 News 」に掲載された
Joplin may resurrect Mother Road Marathon
より転載、加筆修正したものです。