willrogershotel
オクラホマ州からのニュースが続きますが、今日はちょっと良いお話。
国立公園局からの報告によれば、オクラホマ州から新しく二カ所、国家歴史登録財に認定されました。
まずはクラレモア・ダウンタウンの歴史地区一帯です。ここはルート66が、Lynn Riggs Blvd という名前で通っており、かの有名な「Will Rogers Hotel」(現在はロフトアパートですが)も立ち並ぶ一画です。そしてもう一つはオクラホマシティにある、「Mutual Savings and Loan Association Building 」です。

mutualsavingsloanassociationbuilding
申請書内容によれば、クラレモア歴史地区に建つ幾つかの建物は1880年代に遡ると書かれていますが、ほとんどは1900年代から1950年代に建てられたもので、44つの建物(ほとんどが商業施設ですが)この地区にあるそうです。

現在は空室にあっている、二つ目の S&L Building ですが、これは Citizen’s State Bank としても知られており、1948年に竣工、1959年にはリノベーションされました。当時は近代建築のムーヴメントとの例として取り上げられました。

これら二つの申請書に興味のある方は是非見てみてください。(英語のみです)

① ダウンタウン・クラレモア歴史地区
http://www.okhistory.org/shpo/nominations/DowntownClaremoreHD.pdf

② Mutual Savings and Loan Association Building
http://www.okhistory.org/shpo/nominations/MutualSandL.pdf

 

******************

こちらの投稿は当アソシエーション公式提携先である、
Ron Warnick 氏運営 「Route 66 News 」に掲載された
Two Oklahoma properties added to National Register
より転載、加筆修正したものです。