ミズーリ州セントルイスにある、Ted Drewes Frozen Custard はルート66 ファンの皆さんには言わずと知れた名店ですが、実は彼ら、デザートとは全く関係ない「副業」を営んでいたことは知っていましたか?
そう、11月の感謝祭から始まるホリデーシーズンに、Nova Scotia より送られてくる、クリスマスツリーやその他の植物を販売しているんです。

これは彼らの公式ウェブサイトですが ⇩ はい、しっかり記載されていますよね(笑)
http://teddrewes.com/

私たちは最高の木を販売してるんだ。テッドJRの妻の名にちなんで「ドッティ・ツリー」のラベルを貼ってね。樹木の種類はバルサムファー、フレーザーファー、スコッチパイン、そしてホワイトパインだ。手作りの弓と花輪だってあるよ。それにホットチョコレートだって!」
「品質には自信があるさ。買ってくれた木はうちの写真が責任を持って車まで運んであげるしね。」

Ted Drewes Frozen Custard は、1929年にその事業を始めましたが、このツリーの販売だって昨日今日始めたものではありません。メディア “Inside St Louis” の情報によれば1950年代以来、セントルイスの複数の世代が彼らからクリスマスツリーを購入してきたことが分かります。

Ted Drewes Sr.は、当初、冬季に店を閉める間に収入を得る手段としてこの副業を開始しました。 しかし現在も、Ted Drewes Frozen Custard は凄い人気店で、実際に閉鎖されるのは、1月中旬から数週間しかありません。Frozen Custard は、ツリーが販売されている期間、ほとんど開いているので、多くの買い物客は、両方楽しめるわけですね。羨ましい限りです。

******************

投稿本文は当アソシエーション公式提携先である、
Ron Warnick 氏運営 「Route 66 News 」に掲載された
Ted Drewes Frozen Custard’s other business
より転載、加筆修正したものです。