先日お伝えした、オランダ・ルート66協会の共同創始者で、ランドマークのミニチュア職人でもあった、Willem Bor 氏が18日水曜日、61歳の若さで亡くなりました。

このメッセージは水曜日の朝の彼のFacebookアカウントに残されたものです。


Bor 氏が長くないことを知っていた、同協会のエグゼクティブ・ディレクター、Dries Bessels 氏は
その3日前の日曜日、Bor 氏の作った各作品に「永遠なる家」を見つけるため、米国の ルート66 の仲間宛に作品出荷のための寄付と家探しを依頼しました。私も連絡を貰うことが出来たため、微力ながら貢献させて頂きました。

以下が Bor 氏の出荷予定作品群です。

  • Ambler’s Texaco Gas Station, Dwight, Illinois
  • John’s Modern Cabins, near Arlington, Missouri
  • The Dairy King, Commerce, Oklahoma
  • Magnolia Service Station, Texola, Oklahoma
  • Water Hole #2, Texola, Oklahoma
  • Cadillac de Ville 1959, Cadillac Ranch, Amarillo
  • Whiting Bros. Station, Shamrock, Texas (reserved for Gary Dagett/town of McLean)
  • 66 Super Service Station, Alanreed, Texas(for now reserved for Gary Dagett/town of McLean)
  • Little Juarez Cafe, Glenrio, Texas
  • Texaco Gas Station, Glenrio, Texas
  • Twin Arrows Trading Post, a few miles east of Winona, Arizona
  • Mr. D’z, Kingman, Arizona (for now reserved for Jim Hinckley/town of Kingman)
  • Cucamonga Service Station, Rancho Cucamonga, California

幸いなことに、Bessels 氏は調達開始から48時間で約USD$4000ドルが集まったと語っています。発送に関してもDHLと契約することが出来ました。もし基金が余ることがあった場合、Bor 氏が心から愛した奥様、Monique さんへ寄贈されます。

Bessels 氏もまた、「彼の最後の願いを実現するために、お金を送ってくれた皆さんに心から感謝します。 沢山の人が彼を助けたいと思っていたことを知りとてもうれしく思っています。」と、メッセージを発信しました。

Bor 氏が最初にルート66を旅したのが 2006年。その後2010年から各ランドマークのミニチュアを作り始めました。彼の作品はどれも売りに出されず、 彼はひたすら自分の娯楽のために作っていたそうです。

2014年、Bor 氏と5人の有志によって、アムステルダムの夕食の際にオランダ・ルート66協会が結成されました。Willem Bor 氏の冥福を心よりお祈りしたいと思います。


投稿本文は当アソシエーション公式提携先である、Ron Warnick 氏の運営する
Route 66 News 」に掲載された、
Route 66 artist Willem Bor dies
より転載、加筆修正したものです。