先月から公開されている映画 “The Founder” あなたはもう観ましたか?
これはファーストフードの雄、McDonald’s の創始者 Ray Kroc の生涯を描いた実話に基づいたドラマ映画です。オスカー俳優である、Michael Keaton 氏が主役を務め、Kroc 氏の強烈でカリスマ的、そして弾丸のような速度の会話等、上手く表現しています。
映画は批評サイト Rotten Tomatoes でも80%にも上る “Fresh” との評価も得ており順風満帆といった感じでしょうか。
このマクドナルドとルート66 の関係性は、実は最初のマクドナルドがカリフォルニア州サンベルナルディノ出身の Richard と Maurice McDonald 氏によってルート66上で始まったという所にあります。これは意外と知られていない事実みたいですね。
マクドナルド兄弟が1940年にお店開いたとき、それはまだ “McDonald’s Bar-B-Que” という名前だったそうです。お店のルーツは1937年、同州モンロービアという街で “The Airdome Hot-Dog” というホットドック店を彼らのお父さん、Patrick 氏が始めたことに遡ります。

マクドナルド兄弟はその後、ハンバーガーはバーベキューよりも利益率が高いことに気付き、ハンバーガー専門店に舵を切る決断をします。そして彼らはより効率的な食品の調理を考案し、1948年に “McDonald’s” と改名しました。更に1952年には調理効率をもっと高め、今やお店の代名詞となっている金色のアーチや最初のマスコット(Speedee)等を追加して行きました。

1953年になってマクドナルド兄弟がレストランのフランチャイズを始めると、Kroc 氏は全国のフランチャイズ権を引き継ぎ、その後兄弟から権利を買い取りました。
理由は分かりませんが、現在マクドナルド本社はそのサンベルナルディノで起こった歴史を認めようとしません。しかし、同地域で Juan Pollo Restaurant を営む日系三世のオーナー、Albert Okura 氏は Original McDonald’s Site & Museum という小さな博物館を有しています。ここには当時の多くのマクドナルドで使われた品々が展示してありますので、近くに行かれる際には是非立ち寄ってみてください。
更にはマクドナルドはSpeedee のマスコットを含む1950年代の外観を再現しているロケーションも幾つかあります。そんな「郷愁」を探す旅もたまには良いのではないでしょうか。

では最後に映画「The Founder」の予告編をどうぞ。

 



 

 


投稿本文は当アソシエーション公式提携先である、Ron Warnick 氏の運営する
Route 66 News 」に掲載された、
‘The Founder’ movie tells story about the rise of McDonald’s
より転載、加筆修正したものです。