ミズーリ州ジョプリンの街、ルート66 沿線上に1947年に建てられたウエストポート・ロッジ・モーテルは、この月曜日に「エンライトイン・ウェルネスセンター・モーテル・カフェ」としてオープンしました!
この建物はノース・メイン通りとファウンテン・ロードの角にありますが、ジョプリンでは最後の生き残りモーテルとのことです。
実はこの物件、非常に不安定な時期が長く続きましたが、数年前にヨガ・インストラクターとして生計を立てていた、Christa Tullis さん一家が購入。ウェルネスセンター兼宿泊施設としての再稼働を計画していたそうです。

もうちょっと詳細をお伝えするならば、このエンライトインは、客室が8室、とキッチンを完備したロビーがあります。8室のうち、6室の客室は何と一戸建ての「コテージ」。部屋に入れば、宿泊者により良い睡眠を提供するためにリクライニングするベッドを使用しています。気になるお値段は、1泊あたりUSD$ 100ドル。少し小さめの2つの部屋は一晩USD$75 とのこと。更にはロビーはドライブスルー・カフェとなっていて、新鮮な食べ物や野菜をスナックパックや、スムージーやコーヒーなどを販売しています。注文することができます。
一方ラウンジエリアではウェルネスや栄養科学の教室として利用される他、マッサージチェアなんかまで置いちゃう心配り!(笑)

実はこの改装話が具体的に持ち上がったのは2年前。地元メディアでも報道されました。
それ以来、ルート66 商工会議所の代表、Ron Hart 氏や、隣町カ―セイジにある、ブーツ・モーテルの共同経営者、Debye Harvey さんが改装実現に向けて一生懸命 Tullis 一家をサポートしたそうです。これからのエンライトインに期待大ですね。
公式サイトはこちら:http://www.enlightinn.net/

 


投稿本文は当アソシエーション公式提携先である、Ron Warnick 氏の運営する
Route 66 News 」に掲載された、
Westport Lodge in Joplin to hold grand reopening as Enlight Inn on Monday
より転載、加筆修正したものです。