壁画と同市、Munger Moss Motel の Ramona さん


ミズーリ州レバノンの街で、観光客向けの新たな写真スポットとして、ボズウェル公園内にルート66の壁画が追加されました。壁画は1957年製シボレーに乗ってレバノンの街のルート66を入って行く様子が描かれています。その上、その壁画の前は普通の道になっているので、普通に車を停めての記念撮影も可能になっているのです。
地元メディアKY局によれば、壁画の幅は20フィート(約6メートル)で、制作者は同州ジョプリン出身の Paul Whitehill 氏で、同氏はこの公園にだけでなくルート66に沿ってずっとこのような壁画を増やして行きたいと考案中です。
実は Whitehill 氏、既に二つ目の壁画に取り組んでいるようで、6週間から8週間ぐらいで完成するとみられています。題材は、そうこのブログでもすっかり有名になりました、Gasconade River Bridge です。

Whitehill 氏の運営する Whitehill Enterprise は、彼の地元ジョプリンのダウンタウン、それにカンザス州ガレナにあるルート66タイルの壁画を作成したことでも知られています。
Whitehill Enterprise は皆さんからの寄付金を募っています。彼らの活動に賛同される方は是非下記までお問合せください。

Route 66 Mural Project by Lebanon Area Foundation
P.O. Box 1042
Lebanon, MO 65336

Lebanon-Laclede County Route 66 Society
P.O. Box 66, Lebanon, MO 65536


投稿本文は当アソシエーション公式提携先である、Ron Warnick 氏の運営する
Route 66 News 」に掲載された、
Lebanon unveils new Route 66 mural in Boswell Park
より転載、加筆修正したものです。