「ルート66をもっと日本に広めたい」という想いから早2年の月が経ちました。まだまだやることは山積みですが、6月4日(日)に東京・上野の「Untitled」さんの場所をお借りして2周年記念パーティ行いました。

今年も内容は二部構成で一次会は各種イベントを交え、二次会は歓談を中心とした親睦会でした。昨年から大いなるご協力を頂いているシゲさんこと、茂村泰彦氏&フレンズによるライブ演奏はモチロン今年も大熱狂、さらに今回はアメリカ旅行協会東京支部様にもご参加いただき、カジノの本場ラスベガスで「今日から使える」ギャンブル講座の開催も大きな反響を頂きました。


シゲ兄、今日も「ジャーニーマン66」のTシャツがキマってます!

アメリカ旅行協会さんによるカジノ講座は常に人だかり。みんなラスベガスが大好きなんだなぁ、カジノ好きなんだなぁとシミジミ思う。聞く話によるとアメリカ旅行協会さんのメンバーは週末に1日足した3日間でもラスベガス行ってしまうんだとか(笑)

今回はちょっと真面目な?ルート66の四方山話も交えて。最新のテクノロジーを片手に語って頂くのは花村広氏。ルート66における日本人先駆者のお一人で、80年代後半から90年代前半に現地での生活経験を活かし多くの人々や文化と交流されてきました。もちろん、私(後藤)も尊敬して止まない大先輩です。

花村氏のシェアする写真を真剣に見入る皆さんの姿が新鮮!?

そして皆さんお待ちかねのシゲ兄&フレンズによるライブが夜8時を回ってから始まります。

フレンズ、と柔らかい表現をしていますが、向かって左は小松久氏。小松氏はあのヴィレッジ・シンガーズのリーダーであり、日本グループ・サウンズ時代の「貴公子」と呼ばれた一時代を築いた日本音楽界の宝。シゲ兄の広い交友網に脱帽。
向かって右は大和田ゲンタ氏。昨年もご登場頂いている、こちらも凄腕のミュージシャン。ザ・ロックス、大和田バンド等を率い多数のライブハウスでご活躍中です。
今回も演奏の中からルート66のテーマ曲を聴いて頂きましょう。

いかがでしたでしょうか?
今年は日程の都合上日曜日開催になってしまい、それが理由でご参加頂けなかった方も多くいらっしゃったと聞きました。
来年が可能であれば土曜日に戻す予定ですので、皆さん、万障お繰り合わせの上ご参加をお待ちしています!
最後は恒例、集合写真でお別れです。