ルート66 上でも有名な、イリノイ州リンカーンにある “Tropics Restaurant” のネオンサインが、早ければ2018年春にはマクドナルドの駐車場エリアに戻る可能性があることが伝えられています。

地元メディア紙によると、マクドナルド側の代理人としてフランチャイズ・リアルティ・インベストメント・トラスト社が市議会との間で交渉がもたれたことで、このシナリオが成立の方向に向かっているとのことです。サインに関しては市が責任を持って修理します。

今年初頭、市議会は重さ約4000パウンド(約1800キロ)のネオンサインに対し、その修復と展示にUS$17,000ドルを払うことに同意しました。2014年にサインが撤去される前は、1960年代初頭にレストランに導入されて以来、混雑していた交差点の看板となっていました。レストランのオーナーを長く務めてきた Bev と Lew Johnson 一家は、2013年にこの象徴的な看板を寄贈しました。なぜなら、彼らはその長い年月ビジネスを支えたサインポストは、コミュニティに残るべきだと感じたからです。

同市のある、ローガン郡観光局はまた、ネオンサインが置かれる場所にプラークを設置し、その歴史的意義を、今後の多くの旅人達に伝えて行く計画のようです。


投稿本文は当アソシエーション公式提携先である、Ron Warnick 氏の運営する
Route 66 News 」に掲載された、”The Tropics neon sign may return to Lincoln by spring 2018” より転載、加筆修正したものです。