数あるルート66に関するイベントの中でも最大規模と動員数を誇るイベントの1つである、ミズーリ州スプリングフィールドの「ルート66フェスティバル」は、コロナウイルスの懸念のため、予定されていた 8月14〜15日の全日程をキャンセルすると発表しました。同イベントの運営委員会は、全会一致でキャンセルに投票したとのことです。

報告によれば、昨年の参加者数は2日間で約65,000人であり、今年はそのイベントへの登録状況を考慮すると少なくとも75,000人を突破すると予測していたそうです。スプリングフィールド市の広報と、市民参加のディレクターでもあり、フイベントの運営委員会メンバーである Cora Scott 氏によれば、「これは参加者、スタッフ、観客(世界中から集まった)およびコミュニティを保護するために正しいことだと思います。全額払い戻し、または2021フェスティバルに料金を適用するオプションを提供します。」 とのことです。
さらに 「来年はこのルート66の生誕地でイベントを開催することを楽しみにしており、2021年のイベントがこれまでで最高のものになることを願っています。」と付け加えました。

このイベントは、1926年にここスプリングフィールドのダウンタウンで開催された交通局関係者の会合を基にその名前が付けられました。この会合でシカゴ~サンタモニカ間を結ぶ国道の番号は「66」に正式に決まったのです。