イリノイ州ルート66イベントズ社は、COVID-19に対する懸念が高まっていることから、9月25日~27日にイリノイ州スプリングフィールドで開催予定の2020年「インターナショナル・マザーロード・ルート66フェスティバル」を中止する、という困難な決断を下しました。

イリノイ州では現在、段階的な経済再開措置を採っている現状と、世間的に蔓延する過剰な警戒心が相まって、この決断を後押ししました。同社は来年、2021年の開催を全面的に計画しており、日程は調整中とのことです。事前登録車両を持っている参加者には、自動的に払い戻しが行われます。

その他、アルバカーキのバルーン・フィエスタ、ハート・オブ・アマリロ・フェスティバルも中止、延期となりました。

来年は全てのイベントが再開されることを祈って!