トランプ大統領は、2026年に生誕100周年を迎えるルート66に対してオクラホマ州上院議員、Jim Infore 氏らによって共同提唱されている「ルート生誕100周年記念委員会法」に、12月23日(水)署名しました。

この法案はルート66が通っている8州すべての代表者によって構成される委員会の設置を認可し、選ばれた代表者たちに5年という時間的猶予を持ってその100周年記念イベントの準備、そして開催に尽力できるチャンスを与えてくれます。

オクラホマ州を代表する Infore 氏は立法導入時にこのように言いました。
「ルート66はオクラホマの象徴的なものです。タルサ、オクラホマシティ、そしてその間にある数え切れないほどの町を通り、その距離は400マイル以上に達している我がオクラホマ州は、「ウィル・ロジャース・ハイウェイ」としても知られる、ルート66の中でも持続運転可能な最も長い区間の本拠地です。党派を越えて、この法案が通過したことを誇りに思います。共に、アメリカ初の全天候型高速道路の生誕100周年記念日である2026年を、最高の形で祝うのに役立つ素晴らしい委員会を設立するための努力を続けていきます。」

これからが楽しみですね。

今年も一年ありがとうございました。くれぐれも健康には気を付けて穏やかで、幸せな年末年始をお過ごしください。また来年お会いしましょう!