2for$6
“Two for $6” これまたお得感バリバリのタイトル。これは Debra Whittington さんが、ニューメキシコ州トゥクムキャリにある(正確には以前あった)Pony Soldier Motel の経営者であった経験から裏話を交えて綴った書籍のタイトルである。元々 Whittington さん一家は50年に渡りモーテルを運営、Debraさん とその夫、Mark さんは1976年から2004年まで従事したが、1980年代後半にインターステート40へ繋がるUS54が出来たことで、街はバイパスされる運命に。2004年、その最後の年に残念ながらモーテルは閉店となる。
本の内容はと言うと、最初の3分の1は、トゥクムキャリの歴史。何とルート66がまだ出来る前まで遡る。所謂 “Tin Can Tourist” があちらこちらに走った時代だ。因みに Tin Can とは米国の俗語では小型の安自動車のことを意味する。アメリカの自動車を語る上で外せない大手F社には申し訳ないけど、特に初期の安い某F社の車を指すことも多い。そんな自動車の奔りの時代から、キャンプグラウンド、そしてモーテルにどのようにアメニティが加えられて行ったのか、ひいては当地に出来た最初のホテル・チェーン、Holiday Inn の話までに及ぶ。
その後はモーテル経営者としての苦労話や、営業中に実際起こった事件や裏話など、多様な内容で構成されているので、アメリカの、ルート66の要地でもあるトゥクムキャリの歴史に興味のある方には一見の価値がある書籍かもしれない。

*この記事は、Ron Warnick 氏の運営する 「Route 66 News 」に掲載された”Book review: “2 for $6 on Route 66”“より抜粋、加筆した内容です。