Laurel
2016年1月28日、ルート66は大きな財産をまた一つ失った。Laurel Kane、オクラホマ州アフトンにある Packard Museum にて多くのルート66愛好家を持成してくれた「母」だ。
前夫 David さんによると、彼自身と Laurel の娘さん、そして Laurel の長年の友人、Ron McCoy 氏らに看取られ静かに永遠の眠りについたという。
コネチカット州出身のDavid と Laurel は、1930年代に DX Gas Station を買って建てる。1998年には2年間の月日をかけて修復。2002年にオクラホマ州に住み始めた Laurel は毎週毎週ルート66と Afton Station に訪れる観光客達に笑顔を振りまいた。David は多くの車のコレクションをここに飾った。
これは誰もが知ってることだが、Laurel はここ十年来様々な病気で体調を崩し、その度に病と闘ったが、ルート66への情熱は決して衰えなかった。
彼女は生前このように言っている。「もっともっとルート66に出て、色んな人に出会って、沢山の経験をする。それかここ、Afton Station に毎日座って、やってくるお客さんと楽しいおしゃべりと時間を共有する。どっちがいいと思う?どっちも魅力的で決められないわ!」

私の友人でもある、KC Keefer 氏の「Genuine Route 66 Life」というビデオプロジェクトでも彼女はこう紹介されている。「Laurel は彼女のオリジナルブログの中でも Afton Station で何が起こってるかだけではなく、タルサからの通う道筋の間の事柄までも、あらゆることを記録していた。彼女の最後の投稿は1月19日。来春の Afton Station 再開に際してどういう準備をしていこうか色々な思いにふけっていたみたいだが。」

Laurel はおよそ18か国から訪れたおよそ7000人以上の観光客を持て成したという。
私が彼女に会ったのはたったの一回、それもわずか2時間程度。昨年の熱い8月の土曜日の午後だった。「早く来ないと閉めちゃうぞ」、そう Ron に言われてなぜか必要以上に車を飛ばした記憶がある。私は残念ながら「虫の知らせ」のようなデリケートな感覚は持ち合わせちゃいない。以前一度訪れた時に Laurel に会えなかったことを思い出したら、今回はどうしても会わないと帰れない、なぜかそう思ったことは憶えている。「一期一会」、この言葉を今日ほどはっきり、強く、鮮明に感じたことはない。あの夏に出会えて良かった。短い時間だったけど、話が出来て本当に良かった。日本でルート66のアソシエーションを立ち上げたことを心から喜んでくれた。

彼女の笑顔は、ホスピタリティの心は、そしてルート66への情熱は、この共通の「道」を愛した大勢の旅人に永遠に残るだろう。Laurel 、お疲れ様。

*この記事は、Ron Warnick 氏の運営する 「Route 66 News 」に掲載された”Laurel Kane, matriarch of Afton Station, dies“より抜粋、加筆した内容です。