発売以来何かと話題ですが、テスラ・モータース(以下テスラ)が、ニューメキシコ州トゥクムキャリの名所「Blue Swallow Motel」に隣接する、旧ガソリンスタンドに電気自動車専用のチャージャーを三つ、設置しました。そのうち二つはテスラ車専用ですが、もう一つは他のEV車にも対応しているとのことです。
「ん?でも待てよ。Blue Swallow ってあの Blue Swallow だろ?」と思った方はその通り。
Blue Swallow Motel はこのようなアメリカン・クラシックカーと独特なシルエットが撮影できることで人気のモーテルです。

BSW3

この話、私もテスラ社から出たものかと思っていましたが、Blue Swallow Motel の現オーナーである、Kevin Mueller 氏がテスラ社にこの話を持ちかけたようです。Mueller 氏はインタビューでこう言ってます。
「景観を損ねる?いや、むしろ逆だね。このコントラストがアイロニックで面白いだろ?」
寧ろこの新しい試みによって、新世代をはじめとするテスラに乗る旅行者がルート66に興味を持って訪れてくれることを期待しているそうです。
Mueller 氏はこの提案を、テスラ社のチャージングステーション開発担当の Jonathan Katz 氏に話したそうですが、二人は瞬く間に意気投合。契約書を交わすまで2週間もかからなかったそうです。今度 Mueller 氏に会ったら、もっと深く話を聞いてみようと思います。

テスラ社はこのガソリンスタンドをEV専用ステーションにするのにおよそ$5000ほどかけたそうで、モーテル側が車1台につきかかる費用の$8を負担するとのこと。トゥクムキャリ市は、I-40 の近辺にもう一カ所同じものを設置しようと計画中です。

BSW1

テスラの、いわゆる「Supercharger Station」はその他、アリゾナ州ウィンスローの名ホテル「La Posada」、テキサス州シャムロックにある旧ガソリンスタンドの「U-Drop Inn」、そしてオクラホマ州ウェザーフォードにあるレストラン、「Lucille’s Roadhouse」を始め、ルート66上にも幾つか既に設置されています。
私の個人的意見としては余り増えては欲しくない気もするのですが、皆さんはいかがですか?

 

*この記事は、Ron Warnick 氏運営の 「Route 66 News 」に掲載された”Tesla charging station added near Blue Swallow Motel“より抜粋、加筆した内容です