「ルート66をもっと日本に広めたい、もっと日本の人々に知ってもらい、実際に旅してもらいたい。」そんな想いから8人の同志が集い、TV番組の収録にも使われたBEPOPで、アメリカ大好き、
ルート66大好き、の人達と乾杯をしたのが2015年6月6日でした。
あれから一年、6月4日。東京都墨田区は業平にある「Rock Bottom」さんで、ルート66
アソシエーション・オブ・ジャパンの一周年記念パーティを行いました。

お店の選定は頼れる兄貴、田崎タカシさんの土地勘のお蔭。遠い昔この近辺に住んでいたらしく、たまたま最近訪れた際に発見したそうです。
どうです、この店構え?もう私たちのためにあるようなものです。(大沼さん、すいません!)

ロックボトム外観

私も当時見た瞬間、ここだ!と感じました。更にお店のドアを開けて入ってみると。。。

ロックボトム内部

と、まあこんな感じなんです。何とも素晴らしい!言葉がありません。
オーナーである大沼さんに聞いてみると、むかし商社でこのような物の買い付けの仕事をされていたのだとか。一つの仕事で学んだことを次の自分の夢に活かす、何とも素晴らしいことですよね。

さて今回は約30人のルート66が大好きな方々が集まり、様々な話で盛り上がりましたが、この
一周年記念パーティには二つの大きな目玉がありました。まずは、本国アメリカのルート66に携わる素敵な方々からのお祝いメッセージのビデオ。
ルート66上では知らない人はいないぐらいな名人・奇人?の集大成です。
10分強のビデオになりますが、是非見てみてください。
編集は前述、田崎タカシさんです。

そして会は滞りなく親交、いや進行します(笑)。
もちろん多くの方が今晩初めて会う方々。ちょっと恥ずかしい気持ちや、初対面の固さが最初は目立ちましたが、時間が経つにつれ、こんな感じに。

66会

そんなこんなで開始から2時間ぐらい経ったとき、本日の二つ目の目玉が始まります。
まずは黒河内さんの歌で会場は盛り上がります。
黒河内さん、通称クロさんのモットーは「人生はブルース」。大好きなアメリカを頻繁に訪れ、そして地元長野のライブハウスで弾き語りをされています。

ブルース・トリオ

サイドギターにご友人のゲンタさん、ハーモニカにシゲさんを従えた、あの名曲「Get Your Kicks On Route 66」をお聴きください。

そしていよいよ、本日のハイライト。この方が歌ってくれるということで、この会がとても締まった価値の高いものに変わりました!(笑)
FB上では既にご紹介させて頂きましたが、日本音楽界に多大な影響を与える大物ミュージシャン、茂村泰彦氏(シゲさん)の登場です!

茂村泰彦氏

(詳細は6月19日投稿の当アソシエーションのブログを参照ください)
当日はシゲさんのオリジナルである、①サンタフェへ 、あのイーグルスの名曲、②テイク・イット・イージー そして再びオリジナルの、③ありがとう と3曲歌って頂きましたが、ここではルート66にも大きく関わるニューメキシコ州サンタフェを唄った「サンタフェへ」をお聞き頂きます。

いかがでしたでしょうか。
興奮冷めやらぬままこの後私たちは二次会へと場所を移すわけですが、本当に今回この場所で、この仲間たちと一緒に騒ぐことが出来て良かったと思います。
私たちアソシエーションにはまだまだやらなければならないことが山ほどありますし、今年はルート66生誕90周年ということで、それに合わせたツアーも催行したいと考えています。
そして、来年6月、また元気に楽しく2周年記念パーティが出来るよう、より一層頑張ってルート66の魅力を一人でも多くの方に伝えていければと思います。

ゲンタさん、ヨシコ夫人、田崎のりピー、クロさん

ゲンタさん、ヨシコ夫人、田崎のりピー、クロさん

シゲさん、大沼さんと

シゲさん、大沼さんと

 

最後は皆で記念撮影。お疲れ様でした!

66会